「斬桐舞の理念」
「筑波大学 斬桐舞ホームページ」
「演舞&練習スケジュール」
「Facebook 筑波大学 斬桐舞」
「第一回 定期公演 ~ありがとうを舞に込めて~」
クリックするとご覧いただけます!

<現在踊り子募集中>
斬桐舞の踊り子と一緒に踊りませんか!?初心者・熟練者ともに大歓迎!!
まずは一度遊びに来てみてください!
⇒kirikirimai.of.tsukuba< @ >gmail.com ※< >を外して送ってください♪
 080-2248-0180
毎週水曜日・日曜日(19時-21時)に練習しています!詳しい情報はメールorTELで!

※斬桐舞は特定の政党・政治団体・宗教団体とは、一切の関係を持っておりません。また斬桐舞の活動は、政治・宗教目的に利用するものではありません。

Date: 2016年06月03日

浜よさ感想文 にこまる


こんにちは、信号機の緑役にこまるです!
遅れに遅れに遅れた浜よさ感想文です!
言葉にまとめるのは得意じゃないんですよね^_^;


まずは
本当に楽しかった!
いろいろなチームの演舞もいっぱい見れましたね!
もういろんなチームに感動しっぱなしでした。
そして渡り鳥踊り納め。
仲間と心を一つにして踊っている感覚でした。
お客さんもいっぱいいてくれて、
本当に最高の時間でした。


浜よさは担当をしていて練習方法やFなどこれでいいのか?といろいろ悩んでたお祭りでした。
踊り納めにふさわしいFなのか、踊り納めの練習がこれでいいのかなど…
それでも今僕ができる精いっぱいをやったつもりです。
本当にこれが一番良かったのかはわからないですけど、それでも!
僕の最高の渡り鳥の踊り納めでした。
本当についてきてくれてありがとう。


本当にいろんな人に感謝です。
一緒に踊ってくれた仲間
渡り鳥を繋いでくれた先輩方
応援してくれたゆいまつり組
運営してくださったスタッフの皆さん
見てくれたお客さん
その他いろんな方々

特に一緒に担当してくれた赤と黄色の人には特別な感謝を込めて

本当にありがとうございました!


にこまる


Date: 2016年04月05日

浜よさ感想文 ハル


やるべきことに追われてしまって放置していた感想文。

「この前の演舞報告のブログ書くぞ!」と思って
図書館でPCをつけて
久しぶりにブログを開いたら
みんなの感想文が出てきて
あの日のことを思い出して
不覚にも泣きそうになりました。笑


ということで
みんなみたいに素敵な文章は書けないけど、
私も簡単に感想文書きます



浜よさは1年間ずっと出たかった舞台でした。


だから練習中も本番も
踊り納めで悲しいっていう感情はあんまりなくて
渡り鳥を踊れることがただ純粋に楽しかったです。


最後のステージも
本当に最後まで楽しくて全力で踊りきれて
お客さんの表情をしっかり見ることができて
伝えたいことを自分なりに体で表現して
踊り納めに悔いなし!って感じでした


終わったあとにみんなが泣いている姿を見て
渡り鳥が本当に愛されている曲なんだなって改めて実感できたことは本当に良かったです。

渡り鳥がここまで来るには今まで色々な道のりがあって
みんなでうれしいことを分かち合ったこともあれば
大変なことつらいことで頭を悩ませたこともあって
もちろんそこには私の知らないこともあって
そんなこと考えて
私ももらい泣きしました。



渡り鳥を作りあげてくれた先輩方にも
渡り鳥を好きになってくれた後輩たちにも
ありがとうって言いたいです。




まあ総じていうと
とにかく楽しかった!!!!!


…何ともボキャ貧な締めですね(笑)




担当の3人へ
大変な浜よさ担当を最後まで遂行してくれてありがとう
本当にお疲れ様でした(^O^)







PS
ちなみにこれ
一般の方が撮ってくださった写真らしいです
まーにーが見つけてくれました
我ながら楽しそうだな、と。笑








おしまい。


Date: 2016年04月01日

ありがとう、渡り鳥


お久しぶりです。おかかです。
結局雙峰祭の感想文を書けなくて、のろまな自分にがっかりです。
スタッフを引退してから、斬桐舞の活動への優先順位は下がりました。2ヶ月間1度も練習に行かなかったのは
、入舞してから初めてでした。
そんな中で再びサークルに行くきっかけとなったのが浜よさ練習でした。

2014まつりつくばと最近の学内演舞以外の渡り鳥を披露する演舞に、私参加しました。その数約20回、練習を入れたら数え切れないくらい渡り鳥を踊ってきました。
そんな渡り鳥の最後の瞬間に立ち会えてよかったです。
練習の時から、楽しいけどこれで最後という寂しさをいつも感じてて、最後のソラモ会場は泣くだろうなと思ったらやっぱり泣きました。
それでも、楽しかったです。浜よさの1つ1つの演舞がとても楽しくて、時間が止まってほしいくらい名残惜しかったです。参加出来てよかったです。

渡り鳥に関わった沢山のみなさん、今までありがとうございました。沢山の人々の努力や優しさのおかげで、渡り鳥を踊りおさめまで繋げることが出来ました。
これから新たな曲が始まり、もっとパワーアップするであろう斬桐舞のこともどうかよろしくお願いします。

おかか



P.S
写真は上から見た総踊りGANKO!!の図。浜よさのフィナーレに2回流れました。1回目は上から見て、2回目は参加出来ました。
浜よさはお祭りが終わった後すぐメインステージが解体され、2時間後くらいには何もなかったかのように車が通っています。その儚さが切ないけど大好きです。お祭りの日常を彩る非日常性を感じて、とても愛おしいです。
私はこれからしばらく祭りに参加しません。寂しくて悔しいですが、私も渡り鳥のように、目標に向かって研究と就活を頑張って、思う存分やりきれたら、また斬桐舞に戻って踊りたいと思います。


Date: 2016年03月22日

大好きな仲間と 大好きな踊りを納めて


たった1年間。されど1年間。
いつの間にかこんなに思い入れのある曲になっていたんだなぁって何度も実感した2日間でした。


タイミングがあわない、角度がそろわない、列が崩れる、テレコになれない、鳴子がうまく鳴らせない…

おんなじことの繰り返し。
練習つまんないかなって心配になりました
細かすぎるかなって思ったりもしました
言い方きつかったなって反省した日もありました

でも

いつも元気な「はい!」が返ってきて
「ここどうするの?」って声をあげてくれて
「ありがとう」ってすぐに改善してくれました


”最後に「最高だった」って泣ける演舞にしたい”
私の願いはみなさんのおかげで叶いました


辿り着いたユートピアは本当に楽しくてアツくて幸せで。
でも、どこか悲しくてさみしくて。

最後の演舞は、最初の礼の時にはもう涙がこぼれてしまって
笑顔と泣き顔がごちゃまぜになってしまったけど
みんなの色んな思いが詰まった渾身の演舞になったとおもいます


最後に。
感謝をつたえたいひとはたくさんいるのですが…
信号機の両隣りのふたりにひとことだけ。

にこ、本当に踊りやすいFを作ってくれてありがとう
「みんなが前で踊れるように」ってこだわってくれたのも最高だった。
私の仕事だった仕事も途中から引き受けてくれてありがとうね。

ぐるめさん、上手に仕事を振ってくれて、大切なところはきっちりやってくれてありがとうございました。
おかげで、祭り担当やってよかったなって思えるまつりにできました!

心強いふたりと一緒にこんな大きな祭りの担当をやらせてもらえたこと、本当に感謝しています。


そしてこれからは新曲!
新曲もこうやって、みんなに惜しまれながら踊り納められたらいいなぁ。

ひかり