「斬桐舞の理念」
「筑波大学 斬桐舞ホームページ」
「演舞&練習スケジュール」
「Facebook 筑波大学 斬桐舞」
「第一回 定期公演 ~ありがとうを舞に込めて~」
クリックするとご覧いただけます!

<現在踊り子募集中>
斬桐舞の踊り子と一緒に踊りませんか!?初心者・熟練者ともに大歓迎!!
まずは一度遊びに来てみてください!
⇒kirikirimai.of.tsukuba< @ >gmail.com ※< >を外して送ってください♪
 080-2248-0180
毎週水曜日・日曜日(19時-21時)に練習しています!詳しい情報はメールorTELで!

※斬桐舞は特定の政党・政治団体・宗教団体とは、一切の関係を持っておりません。また斬桐舞の活動は、政治・宗教目的に利用するものではありません。

Date: 2015年07月19日

流れに乗り遅れた札幌感想文 おかか


第24回YOSAKOIソーラン祭り楽しかったーー!!

こんばんは。おかかです。
札幌が終わったと思ったらテスト週間がすぐに迫ってて、テストが終わって光が丘練習が始まって、気付いたら光が丘まであと1日になっていました。書いてる途中に当日になってました笑
今更更新するのは照れ臭いんですが、6月の内に途中まで書いててもったいないし、自分で感想文大会呼びかけといて書かないのは岡残るので、更新します。
(時期してブログ書いていない方いたら読みたいのでどうか書いてほしいです笑)
暇なときに読んでいただけたら幸いです。

15スタッフが始まってから、いろんな祭りがありました。
1芽のステージのために、2班体制を感じさせない演舞を披露したゆいまつり。
遠い浜松の地で3つものFをやりきって1年間の集大成を魅せたはまよさ。
向上心ってかっこいい演舞を披露できた新歓祭。
新入生がきらきら笑顔でデビュー出来たやどかり祭。
リベンジを掲げ細かいところまで妥協しなかったいばよさ。

どの演舞も一踊り子として得るものが沢山ありました。そして、それぞれの担当からいいところを沢山学びました。
その上での、YOSAKOIソーラン祭りでした。

今までの感想文で、「あっという間」という表現をしてきましたが、さすがにあっという間とはいきませんでした笑
私は去年に引き続き札幌担当をやらせていただいたのですが、1つ1つの仕事をこなすたび、去年一緒に担当をしたくろちゃんさんや2年前のあけみさんの偉大さを思い知りました。
そして、私が及ばないところはテキサスに助けてもらいました。ありがとうございました。

今回担当として個人的に2つ目標を立てていました。
・どんな大事件が起きても心に余裕を持って指示を出そう
→何も起きなかったけど勝手にあせっていた
・全員おうちに帰ってこよう
→一年生達に日曜日空港泊をさせてしまった
これは達成できてなくて、もう私は祭り担当をもつことはありませんが、どこかで今回の教訓を生かしたいと思います。

そして斬桐舞としてのYOSAKOIソーラン祭りの目標は
みんなが主役 + 誰よりも楽しむ = 印象に残る演舞
でした。

この目標は達成できたと自信持って言えます!!!!

先輩後輩関係なく演舞をよりよくするために意見いあったり、自主練を積極的にしたり、担当外も移動の際に注意を呼び掛けてくれたり、とにかく受け身でいるのでなく1人1人が自分が出来ることを探していて、「みんなが主役」を感じました。

演舞だけでなく、練習、移動時間、ご飯、鯉、1日目の夜、自由時間…どんな時も全力で楽しんでいたように見えました。みんなの笑顔眩しかったです。私自身、誰よりもお祭りを満喫できたと思っています。

今回、フォーメーションは途中まで一番後ろにいたんですが、振り向くと口上や旗が見られることが多く、前を見渡せば踊りの進化が感じ取れて、最高でした。自分の印象にはばっちり残りました。しかし、他人の心に残ったかどうか知るのは難しいと思います。1つの軸でしかなくともU-40の優秀賞に選ばれたことは、少なくとも審査委員の方何名かの心には残った演舞である証明だと思うと、とてもうれしいです。

皆さんのおかげですごく楽しかったです。ここに書ききれないほど、沢山助けてもらったり、私にはもったいないほど素敵な言葉をいただけて幸せ者です。
本当にありがとうございました!!

札幌最強に楽しかったんですが、今後の祭りでもそれ以上に楽しめると期待してます!!!
まずは、明日の光が丘での初口上がんばります!!!!!!!!

おかか


Date: 2015年06月21日

*札幌感想+α*はな

はなです!

一週間経ってやっと札幌行く前の生活が戻ってきました…!(笑)


…ということで。



YOSAKOIソーラン祭り!!((…の感想!



…と行きたいところですがその前に。


ほとんどの方からしたら「お前誰だよ」状態だと思うので、簡単に自己紹介します(笑)



*自己紹介*


・きりきりネーム はな


・所属 情報学群 知識情報・図書館学類


・出身地 鹿児島の種子島から来ました!


・きりきりに入った理由

地元で1年間よさこいをしていて、続けたいなと思っていた時にちょうど斬桐舞の事を知って即決しました!


・最後に一言

見てくださる方によさこいの楽しさを最大限伝えられるように、私自身も楽しみながら精一杯踊らさせていただきます!これからよろしくお願いします、私たちと一緒に楽しみましょう((*´∀`*))



***



さて。

自己紹介もしたので札幌感想いきます!


札幌どうだった?と聞かれて真っ先に言えることは


『大きかった、かっこよかった、楽しかった』!!


この3つですね。


よさこいのお祭りは参加したことがなかったのでこんなに大きなお祭りなのかと、まずはお祭り自体の規模に驚きました。

たくさんのチームが参加していて、たくさんの会場があって。

まさか8回も会場を変えて踊ることになるなんて最初札幌行きを決めた時の私は思いもしていませんでした(笑)

でも、だからこそ、会場移動の間とか演舞の待ち時間でたくさんのチームの演舞を観れて、すごいかっこいいと思ったし、踊ってて楽しそうだと思ったチームもあったし、たくさん勉強になりました。


他のチームの演舞を観て、自分たちの動画を見返して。

個人的にもチーム全体としても直したいと思ったところはあります。

だから、そこはこれから少しずつ改善して、今度披露する時は札幌よりもかっこいいと思っていただけるところまで踊れるようになろうと思います!


ただ、反省も当然あるし、これを自分で言うのはおかしいってわかってるけど、あれだけかっこよく踊れるようになった私たちすごいな、とも思ってます。

5月に斬桐舞に入って、そのあとに札幌行きを決めて。

やど祭があったからそれまでに完成させたとはいえ札幌までの期間は1ヶ月半。

1ヶ月半前の私はすごく心配でした。

ちゃんと踊れるようになるか、そもそも、振りを全部覚えられるのか。

結果としてはちゃんと踊れるようになりました。だからすごいなって。

でも、それはやど祭の2週間前から闇練でつきっきりで教えてくれた先輩や、一緒に頑張ってきた1年生のおかげです。


だからこれからは、自分たちが楽しみたい、見てくれる人に楽しんでもらいたい、というのと一緒に、私たちに関わってくれた人への感謝を踊りで伝えたいという思いを持って踊っていこうと思います!

あとは、お祭りが楽しくて1日目はしゃぎすぎて、2日目の演舞中以外は撃沈という残念なことをやらかしてしまったので、来年はお祭り2日間ともはしゃぐっていうのも目標です(笑)



最後に。

私たち1年生が札幌に参加しやすいように尽力してくださったテキサスさん・おかかさん。

一人でサポーターとして走り回ってくださったたむたむさん。

会いに来てくれたあいこさん。

ニコ生で演舞を観てTwitterに「かっこよかった!」と呟いていた友達。

ありがとうございました!

誰か一人でもいなかったら多分踊りきれてなかったと思います(笑)

この感謝はさっきも言ったようにこれからの踊りで返していこうと思います!


来年は現1年生皆で行くことを夢見ながらこれからも頑張っていこうと思います((*´∀`*))


これからもよろしくお願いします!本当にありがとうございました!


はな


Date: 2015年06月20日

札幌感想文・こまち



こんにちはー、
やど祭、札幌が終わり闇練がなくなって(テスト期間も始まってしまい)寂しい一年のこまちです(「・ω・)「

自己紹介もいずれやりたいですが、今回は札幌感想文を書きますー




とりあえず一言で表すなら、楽しかった!これに尽きます(笑
2日間という短い時間の中で10回も踊ることができるなんて思っていませんでした。それも、北海道で!




正直、中継もされるし動画化もあるような大きな舞台に立って大丈夫なのだろうか、ちゃんと踊れるのだろうかと出発前は不安で仕方なかったです。
それでも、大きな舞台を目の前にした時、そんな不安は感じずにただただ、先輩たちと、一年生たちと、見てくれている人たちと一緒に楽しみたい!という思いだけになりました。
結果的に、お客さんが近いお陰で笑ってくれていたり手拍子をしてくれていたりしているところも見れて、自分も「ミスをしないように」ではなく「楽しんで」踊ることができました。
昔から不思議だったけれど、楽しめばいい結果になるというのはやはり本当なのかなと思いました。

皆さんの撮ってくれた写真や動画を見てもみんな楽しそうないい笑顔で写ってて見るたびになんだかほっこり?します(笑
U40二次審査行けてとても嬉しかったです(o'ω')
どこでの踊りも全力で楽しみましたが、二次審査の舞台が一番やりきった感が強かったです。
お客さんや審査員の方々に何か伝わっていたらいいなぁ




他の団体さんの衣装や演舞も見れてとても楽しかったです。
どこも魅力的でかっこよくて、踊る時間だし踊りたいけど見たい、もはや分身したい…!
というタイミングが何度かありました(笑

人のふり見て我がふり直せ、と言うほどでもないですが、自分の中でああなりたい、かっこよく魅せるためにはどうするのがいいのか、というものが漠然とではあるけれど作れた気がします。
そこに向かって努力していきたいです(`・ω・)
個人ではなく、団体で、見てくださっている、応援してくださっている方々を魅せることができるようになりたいです。




最後に、
札幌担当のおかかさんテキサスさん、サポーターをしてくださったたむさん、お疲れ様でした!
色々ご迷惑をおかけしたと思いますが初めての遠くの大きな舞台でここまで楽しめたのは皆さんのおかげです。
本当にありがとうございました!

先輩方には闇練でも沢山お世話になりました!
もなこさん御一家、前日泊ありがとうございました、温かかったです(o^^o)
マーニーさんしろさんヤンキーさん、口上やっぱりテンション上がりました(笑
かっこよかったです!

札幌行きを快く見送ってくれた親にも、他の関わった皆さんにもたくさん感謝したいです。


どんどん色んなお祭りに行って沢山の人と関わって感謝して、沢山の人を魅せられるようになりたいです、
本当に楽しかったです!!
ありがとうございました!

来年は一年みんなでいけたらいいなぁ(。-∀-)



こまち



Date: 2015年06月20日

札幌感想文*ひかり




2日間おつかれさまでした。

まだ、ちゃんと自己紹介していませんでしたね、

学群1年のひかりです☆(*´ `*)

これからよろしくお願いします!!










札幌からもう1週間経っちゃったんですねー

あまりに濃く、思い出を詰め込みすぎてる2日間でした。







はじめてのきりきり遠征。

はじめてのきりきりおとまり。

はじめての札幌。

はじめての他大学チームとの交流会。

それから、はじめての空港泊。笑







とりあえず楽しかった!!!







お客さんやメンバーと、目をあわせて心をあわせて踊れることの幸福感を

何度も何度も感じることができました。







どこの演舞もとっても楽しかったけれど、やっぱり一番覚えているのは最後に踊ったU-40の二次審査演舞。ただただ「楽しみたい」ってだけじゃなくて、見ているお客さんに「魅せたい」っていう想いが一番高まった演舞かな、と思います。審査演舞ならではの緊張感と高揚感。ドキドキとわくわくとヒリヒリときらきら。演舞終わって、なんだかちょっと泣きそうになってしまったのはわたしだけかな…。笑




動画を見てみると、「あーここもっとこうできたな」とか「ここの位置よくなかったな」とか反省点もたくさん出てくるけれど、それも含めて大きな意味のある演舞になったのかなぁ。




それから、U-40に残ったから観ることができた他のチームの演舞は、ものすごく勉強になりました。人数が少なくても、いや人数が少ないからこそできる迫力と工夫に満ちた数々の演舞。バカみたいに「すごーーいっ」「かっこいいーー!」って連呼してました。笑

観ていて思ったのは、よさこいは個人技じゃないってこと。当たり前なことなんですけどね。客席からは、誰が上手いとか下手とかなんてわかんない。だったら、踊り子として中から見るだけじゃなくて、チーム全体とか曲全体とか一歩引いた第三者からみた見方ができるようになりたいなぁと思いました。










最後に。

一晩お世話になり温かくもてなしてくださったもなこさんとそのご家族様、

さっぽろを下から支え上から引っ張ってくださったテキサスさん、おかかさん、

荷物・ドリンク持ちから写真(あと列なおし!笑)までたくさんサポートしてくださったたむたむさん、

口上で演舞をめちゃめちゃ盛り上げてくださったまーにーさん、しろさん、ヤンキーさん、

時に言葉で、時に背中でアドバイスをくださった先輩方、

そして必死に闇練に通い、3泊4日を共にした1年生、

本当にありがとうございました!!







次は光が丘!

今回よりももっともっとはっちゃけて、楽しんで、魅せられるような演舞を目指してがんばります!




ひかり

Date: 2015年06月19日

札幌感想文 ぐるめ



ぐるめです、札幌感想文行きます!

つくばに戻って1週間が経とうとしています。
溜まっているレポートの山と期末試験の勉強であくせくする日々。札幌が遠い昔のように感じられます。

正直、何回目の演舞がどうだったとか休憩時間に何をしたとかに関しては、あまり記憶にありません笑
少し間を置いた事で、本当に印象に残った事を書けるようになった気がします。


まずは団体行動のこと。
列が乱れたり、集合時に広がっていたりすると、気がついた人が注意しているのが良かったと思います!
皆がしっかり周りに気を配っている事が分かりました。
あとは、そもそも注意されないように気をつけていきたいです。
特に一般の方や他のチームさんと一緒にいる時は、誇りを持った行動をしていきたいですね。



次に演舞のこと。
経験した中で一番一体感を感じました。
センターで踊らせてもらえて感謝します。とても楽しかった!!!

最後2回の演舞で隊列が乱れたのが残念です。疲れからか、緊張からか。
疲れても、会場の雰囲気に呑まれそうになっても、ブレない演舞ができる芯の強さを身につけたいです!

あと、衣装替え後の乱舞。たぶん、渡り鳥で一番の弾けポイントではないでしょうか。ステージでは、お客さんのところへ走っていく事はできません。そういう時に、どうするのか。
自分の中のエネルギーを爆発させて、その熱さをお客さんに届ける。どう動いたら、「こいつ弾けてるな、楽しそうだな」って思ってもらえるか。結構難しいです。ただ飛び跳ねて縦の動きを出すのは、僕の中でマンネリ化してきたので、おいおい考えていきたいと思っています!今後の課題です!!


担当のお二人へ
本当にありがとうございました!!そして、お疲れ様です。
会場移動が大変な中で、かなり余裕を持てたと思います。

サポーターの方へ
荷物の管理や動画の撮影など、ありがとうございました!!
演舞後など、もっとサポーターの方にも気を配れるようにします。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。

口上の方へ
凄く良かったです!!めっちゃテンション上がりました!
光が丘でいい口上できるよう頑張ります!!

同期へ
移動で話したり一緒の宿に泊まったり、めっちゃ楽しかった!
来年こそはみんなで出たいな〜〜〜。今のうちからお金貯めよう笑
みんなには、これから一番お世話になると思う!!よろしくねー!
高めてこーー!楽しんでこーーーーーー!!!

1年生へ
初めてのお祭りはどうでしたか!?
規模の大きさと人の多さに緊張した?でもきっと、それ以上にめちゃくちゃ楽しんでくれたと思います。
闇練の出席率とか、自分たちで渡り鳥を研究してる姿勢とか、素直に感心します。
そして、俺も負けてらんないと思いました。
おじちゃんの心に火をつけてくれてありがとう!!!笑
今年出れなかった人も、来年こそは一緒に踊ろうぜ!!

一緒に踊った仲間へ
みんなと踊れて幸せです!!これに尽きる笑


今回はここら辺で筆を置いて、試験勉強に戻りたいと思います。

ぐるめ

Date: 2015年06月18日

札幌感想文☆まーにー

なんだかんだ 大好きな同期2年ずとの一枚

札幌が終わってしまいました。いろいろなことがあっていろいろなことを思ったものすごく濃い2日間だったはずなのに、こうして文章にしようとすると、すべての記憶に先立って「楽しかった」という言葉が浮かんできます。

今回私は口上としてお祭りに参加しました。なぜ、口上に立候補したのかはあまり覚えていません。でも、口上をやらせてもらえて本当に良かったと思います。めちゃくちゃ緊張する中でも、きちんとお客様に自分が伝えたいことを伝えられるか、どうやったら短い時間でこの気持ちを届けられるかな、どんな言葉を使ったらこの思いを伝えられるだろうかって、毎回の演舞ですごく考えてました。
自分で後から演舞動画をみて、はやく喋ってしまったり噛んだりしていて、良いMCだったなんて到底言えないです。だけどそれでも、「よかったよ」って言ってくれる先輩がいて、「最高でした!」って言ってくれる後輩がいて、私はすごく幸せでした。

踊り子がきらきらした笑顔で踊る姿を、みんなよりも少しだけ高いところから見ていて、渡り鳥がお祭りを重ねるごとにめきめきと良くなっているのを感じました。
こんどは私も、みんなと一緒に踊りたいなぁ。光が丘踊るのがもう今から楽しみです。

この一年で、もっともっと、今の何十倍も進化させたい。いつか、今当たり前に毎回お祭りで踊っている渡り鳥を踊り納めるときが来たら、その時には今よりもずっとずーっと、ただわたしたちが楽しいだけではなくて、さらに、お客様に何かを与えられるような渡り鳥でありたい。

なーんて、そんな夢みたいなことを思い描いています。さっぽろは、一瞬一瞬をただ全力で、叫び続けた2日間でした。

飛行機やホテルの予約から事前説明会、そして当日の動きまで、本当にいろんな大変な思いをして札幌担当をしてくれたおかかさんとテキサスさん、サポーターを引き受けてくださった、たむさん、口上一緒にやってくれたしろ、たくさん気にかけて声をかけてくださった先輩方、カメラを向けるとかわいい笑顔を向けてくれる後輩、そして緊張してたわたしの背中を叩いてくれた同期のみんな、全ての人に本当に本当に感謝しています!!

この感謝を、踊りで伝えられるような、踊り子になります!

長くなりましたが、次の光が丘で進化を遂げられるように、あと1ヶ月、日々精進いたします!!!!!



まーにー


Date: 2015年06月18日

札幌感想文☆ハル


こんにちは!
ハルです(*´∀`)

少し遅くなってしまいましたが、札幌感想文書きます!
シンプルにいきます!




もうとにかく、ものすごく濃くて、楽しくて、幸せな2日間でした…


本当に行って良かったと、心から思いました


この感動をどうやって言葉にしたらいいかわからないけど、
帰ってきて数日経った今でも胸がドキドキするくらい
それはそれは最高の経験ができました。



なんでこんなに楽しかったのか…
その理由は様々あります


でも一番は、この1年で大きく進化した渡り鳥を去年と同じ札幌の地で披露できたこと


振りが変わったり
口上をするようになったり
鳴子の練習をしたり
お祭り前に正規練を増やしたり…

渡り鳥をよりよいものにするため、
1年間色々なことにチャレンジしました


私たちは着実に進歩できている!
今回の札幌を通してとても感じました。


5月からはたくさんの新入生も加わり、
今年も1年また新たな渡り鳥をみんなで踊っていきたいです

まだまだ序章!

次は光が丘に向けて
気持ちを高めていきましょう!(ノ´∀`*)



最後に…
札幌担当のおかかさん、テキサスさん
本当にありがとうございました!
こんなに楽しいお祭りになったのは、お二人のおかげです!!
お疲れさまでした◎





ハル

Date: 2015年06月16日

【感想文大会・くろ】

こんにちは
4年生のくろすけです。

YOSAKOIソーラン祭りへの参加は今回で3回目になりますが、スタッフを引退してからは初の札幌で今までとは全然違った感覚で参加することができました。
去年は舞長であり、札幌担当でありと終始緊張していましたが、今年は落ち着いていた分みんなの行動とかもよく見えて、斬桐舞のいいところもよく見えた気がします。

祭り担当のおかかとテキサスが頑張ってくれてるのもすごく感じられたし、担当の2人にサプライズを用意したり、荷物が重そうな人の荷物を自然と持ってあげたり、写真とってブログにアップしてくれる人がいたり、移動中の列を正す声掛けが色々なところで聞こえたり、本番前に何度も踊りの確認をしている人がいたり、、
すごくいい団体だな、と感心することだらけでした。



4年生になって、周りの人たちはほとんどサークルを引退し、卒業研究一筋だったりする中で
札幌への参加も反射的に登録してしまい、参加が決まってから前日まで「本当に参加してよかったのかな」と考えることが多かったのですが
札幌前日のぴぴさんの「札幌に行ける人はラッキーで幸せ」という言葉を読んで、自分の考えが愚かだったな、と思いました。
みんな忙しいのは一緒でこの2日間を楽しむために時間を作っているはず。
時間が作れないならそれは自分の責任で何かを言い訳にしてはいけないなと思いました。
本当にたくさんの縁や協力があって得られた機会だということのありがたみを改めて感じました。
プランニングや引率してくれた担当の2人、一緒に踊ってくれたみんな、口上のまーにーとしろとヤンキーさん、サポーターしてくれたたむさん、さらにいうと斬桐舞の先代から関わっていたみなさん、お祭りの実行委員会電車や飛行機を動かしてくれた人、などきりがありません。
ここまで言うとこいつうるさいなと思われるかもしれませんね。
最近住職さんの公演できいた「よっぽどのご縁」という言葉を思い出しました。。


前舞長と言うこともあり、今まではお祭りも参加しなくてはという風に思っているところもありましたが、後輩たちが自分以上に頼もしくて「自分がいなくても問題なくやって行けるな」ということがよくわかり、もう安心して引退できるな、と思いました。

が、こんないい団体引退したくないので、斬桐舞でいっぱい活動できるように頑張りたいと思います!


Date: 2015年06月15日

ありがとう札幌 ぽてと

楽しかったー!!

これにつきます。

来年は就活と試験で多分行けないから多分最後の札幌、
今回はずっと一列目でおどらせていただく札幌、
去年踊った渡り鳥をより進化させて今年も踊る札幌、
一年生にとってはじめての大きなお祭り札幌、
いつもより踊り子の人数が多い札幌、
いつも以上に感慨深い気持ちで
YOSAKOIソーラン祭りを迎えました!


やどかり祭が終わってから始まったYOSAKOIソーラン祭り練習!

担当から送られてきたFを見て
「えー」
と10秒くらい叫びました(心の中で)

5月のいばよさのパレードとかを見て、
センターて大事だなと思ってたので、
曲の前半がセンターだと知って
すごい光栄なことだと思ったけど、
振りがはしりやすい私にとって不安もいっぱいでした。
でも、闇練とか正規練のときに10分前にはもう集まってる一年生を見て、何回も同じ振りを練習してる一年生を見て、楽しそうに練習する舞員を見て、そしてみんなを引っ張って行こうと頑張ってるおかか、テキサスを見て、私もがんばろーと思いました!

そして、迎えた当日、
当日は
就職課の人に言われた「笑顔がステキだね」という言葉を信じて、
笑顔とキーキー声で楽しみまくろーと決めてました!

今まで、札幌は緊張しすぎて、お客さんの顔をなかなか見られなかったけど、
今回の札幌ではお客さんの表情が今でも脳裏にやきついてます。
微笑んでくれたり、手拍子をしてくれたり、
とてもお客さんを身近に感じることができる演舞だったし、そのことがすごく嬉しかったです。
ありがとうございました!!

本当に本当に楽しい札幌でした!
曲中のみんなで集まるところのみんなの楽しそうな顔は忘れられません。

そして、今年もU-40大会二次審査に進むことができました。去年の札幌が終わってから、みんなで話し合って、振りを改良して、より進化した渡り鳥だったので、本当に嬉しかったし、緊張したけど、あの場所で踊れたことが幸せでした。
そして、他のチームの演舞を見て、大人数のチームは迫力があってステキだなーと思ってたけど、
40人以下でも、素晴らしい演舞がたくさんあってとても刺激的でした!


札幌が終わって次は光ヶ丘。
また気合いをいれて、いきたいです。

そして最後に、
担当のおかか、テキサスへ
きりきりが出る中で一番大規模なだけに
担当は大変だったと思うけど、2人のおかげで楽しい札幌になりました!
本当はもっとおかかを支えたいと思ったけど逆に迷惑かけちゃってごめんね!
そしてテキサス 私が男踊り上手くなるためにいっぱいアドバイスくれてありがと!!
最初よりは跳べる鳥になりました!

そして
サポーターのたむさん
口上のしろ マーニー、ときどきヤンキーさん
一緒におどったみんな!
Facebookにいいね!してくれた人、
見に来てくれたお客さん、
一緒に躍ったかみす舞っちゃげ委員のみなさんとよさこい連さん
本当にありがとうございました!!
楽しかったです!

ぽてと




--

Date: 2015年06月15日

【感想文大会】YOSAKOIソーラン祭り いろは

こんにちは。
札幌から帰って来ましたよ。楽しかった3日間、あっという間に過ぎて行ってしまいました。なんと今年は初の前日入りをしました。ジンギスカンや回転寿司に行って夜の札幌を堪能しましたよ。


1日目から振り返りたいと思います。
まず朝起きて気づいたこと。衣装の帯を忘れていました。衣装を忘れるなんて初めてでした。それもよりによってお祭りで忘れるなんて・・・
昔からよく母に「お前は詰めが甘い」と言われていましたが、本当だなと思いました。反省反省。
すぐに帯の代わりを探しにドンキ・ホーテに行き、男性用のベルトとウエストポーチをお調達しました!
そんな珍道中を経て、無事に当日組とも合流できました。
最初は祭り実感がしませんでした。しかし他のチームに会ったり沢山のお客さんを見て、今私は踊り子なんだぁと思いました。
そして、演舞が始まる。しろとマーニーの口上に感動しました。すごい。2人がさらに熱を上げていってくれました。
演舞後は移動。そして演舞。そして移動を繰り返しました。そして札幌の街に詳しくなっていったのである。
そんな感じで1日目は終わりました。いつの間にか寝落ちしてました(笑)


2日目はサロンパスのおかげで意外に元気でした!
最初の演舞はあの西8のステージで踊りました。これが最後の札幌かもしれないと思ったら、自分のできる最高の演舞をしたいと思いました。本番は全く緊張せず、本当に楽しかったです。あの感情はどう伝えたらいいでしょうか。ただただ、ひたすら楽しかったです!語彙が乏しくすいません(笑)1曲がとても早く感じました。
その後は演舞を重ねるごとにみんなの気持ちが熱くなっていき、踊りもどんどん良くなっていきました。そして2年連続のU-40の2次審査の知らせを聞き、嬉しかったです。見てくれた方にも私たちの気持ちが伝わったのだと思いました。
わくわくホリデーホールでのラスト演舞、賞は貰えたらラッキー、それよりもみんなと踊れる嬉しさや楽しさをお客さんに伝えたくて精一杯踊りました。

今回の札幌は一年生も沢山参加してくれました。また同期全員で参加できたのも嬉しかったです。そして普段からデキ男デキ女の2年生がさらに成長しているのを感じました。嬉しい限りです。
何度も言いますが札幌はとにかく楽しかったです。練習時間が少ない中、みんなが声を掛け合い練習した日々があったからこそ、あの楽しさが生まれたのだと思います。これからも限界なんて決めず、切磋琢磨しさらに上を目指したいです。もっともっと自分、仲間、そしてお客さんの心に残る演舞をしたいです。私たちならできる!よね。


最後に
あのメンバーで踊れたことに感謝!サポートしてくれたたむさんに感謝!そして担当のおかテキに感謝!ありがとう。



担当の2人とスリーショット!!!

いろは