「斬桐舞の理念」
「斬桐舞ホームページ」
「Facebook 斬桐舞」
「第一回 定期公演 ~ありがとうを舞に込めて~」
クリックするとご覧いただけます!

<現在踊り子募集中>
斬桐舞の踊り子と一緒に踊りませんか!?初心者・熟練者ともに大歓迎!!
まずは一度遊びに来てみてください!
⇒kirikirimai.of.tsukuba< @ >gmail.com ※< >を外して送ってください♪
 080-2248-0180
毎週水曜日・日曜日(19時-21時)に練習しています!詳しい情報はメールorTELで!

※斬桐舞は特定の政党・政治団体・宗教団体とは、一切の関係を持っておりません。また斬桐舞の活動は、政治・宗教目的に利用するものではありません。

Date: 2010年10月16日

初代舞長より~2歳を迎えての想い~

あれから2年なんだね。

率直な感想は、「あっという間」ってやつ。

名前を考える会議から始まった、斬桐舞の歴史・・・。

まだ我が家が天久保3丁目にあった、あの部屋で、学園祭で踊った数名が集まった。

Aさん「ん~、名前かぁ。。。。何がいいんだろうね?」

Bさん「筑波大学だし、”桐”は入れたいよね!」

Cさん「桐の風と書いて、桐風(とっぷう)とかどう?」

Dさん「桐の葉のチームなんだから、桐葉隊(とうようたい)は?」

Sさん「ん=、応援団っぽいよね。。。」

TMさん「嵐を出していく勢いをつけて、嵐桐流(らんきりゅう)、もしくは、乱桐龍(らんきりゅう)は!?」

Bさん「あとは、桐龍隊(きりゅうたい)、舞桐会(ぶとうかい)、桐民会(どうみんかい)などなど・・・。」

守屋「あっ、ちょっと、考えてきたのがあるんで話していいですか!?あの~、慣用句の「きりきりまい」ってあるじゃないですか、、、あれって「慌てふためく」ってネガティブな意味なんですけど、それくらい荒々しく踊り狂うような感じでポジティブにとらえてみるのもありじゃないですか!!」

ABCDTMS「ふむふむ!」

守屋「そこで、きりきりまいに当て字を考えたんですけど、、、、いまいちしっくりくるのがなくって・・・・。。。例えば、”桐々舞”とか、”桐霧舞”とか、”桐斬舞”とかかな~・・・。霧は霧筑波ってお酒もあるし・・・」

中略

Aさん「じゃぁ、みんなの意見からすると、”桐斬舞”か”桐霧舞”がいいよね!」

守屋「だったら、桐の葉を背負って、斬新に舞っていく団体の”桐斬舞”がいいんじゃない!?」

TMさん「これなら、”斬”って字から、アクションもイメージしやすいしね!アクションの殺陣からも”斬”って感じだし!」(的なニュアンスの言葉)

守屋「あっ、でも、”舞”を斬っちゃう感じなのは、意味的にも、語呂的にもなんかしっくりこないので、”斬桐舞”にしてみません!?」

その他「いいね~~~~!!!!」



そうして、僕ら斬桐舞の名前は生まれました。。。



若干、脚色した部分はありますが、ここに出てきた名前の候補は、本当に考えました。

未だにそのときに考えた紙は我が家に保管されているので、確かなのです。



なんか面白いでしょ?


いまは普通に斬桐舞(きりきりまい)って、みんな言ってるけど、2年前まではそんな言葉を使うのは、辞書引いたときか、オレンジレンジを好きな人くらいだったでしょ?


それがこんなにもたくさんの人に愛されて、助けられて、笑顔をもらえる団体になったんです・・・。


あぁ、とても不思議。


そして、HAPPY。


本当にノリで始めた、この斬桐舞。

ソーラン節たのし~~~~~!!みんなでまた気軽に踊れるように団体にしよ~~~~!!!
ていう道産子たちの手によって、生まれた。


あのときにこんな団体に成長するなんて、微塵も想像できなかった。

斬桐舞としての練習が始まったときは、1ヶ月以上はずっと「南中ソーラン」だけしかやっていなかった。

じょじょに増えてくるメンバーに、まずはみんな南中から教えて、また新たなメンバーがくるから、また南中を教えての繰り返し。

もちろん先生は、我らがTM・・・もとい黒田兄弟!!!

おーちゃんを無理やりさそって、いまは懐かしの某練習場所へいき、体を触って、セリフをつけて練習し始めた。

よさこい経験者の1年生がくるぞ~~~~!!って盛り上がったときには、感動でした!!(いまや、彼も斬桐舞の英雄です。ありがとうイベント舞局長)

mixiでの呼びかけで数名が集まり、1度きりで終ったダンス場での練習会。

飛田さんからの御誘いで参加した「100本のクリスマスツリー」イベント。

結海衆や水戸藩YOSAKOI連の存在も全く知らない状態で、彼らの演舞をみたときのあの衝撃!

ニッカズボンがぎりぎりで間に合って踊れたメンバーも何名かいた、あの研究学園駅前のデビュー戦は、最高にいい思い出だなぁ。


初めての演舞依頼を受けて参加したつくばユナイテッドVOLLEYBALLのVリーグ公式戦試合前演舞。

うきうきとドキドキの交差したみんなの表情。

伊藤さんというカメラマンさんがおーちゃんを取材とのことで、斬桐舞の映像をばっちし撮影。
なおちゃんという函館に住むおーちゃん友だちへのバースデー映像を撮影したり、Mさんがよさこい連さんの半纏を破いてしまったり、足袋を初めて履いたり、いまでも鮮やかに思い出されます。


そして、3回目の斬桐舞演舞でいった「つくば総合福祉センター」!
その日、練習も来ていない状態の、まったくもって初めて来たももちゃんがいきなり演舞本番で南中を踊ったりと、相当の自由さを発揮していた当時の体制。
常陽リビングの取材を受けるなど、初めてプレス対応を経験しましたね。
ちなみに、ももちゃんのストレートヘアの可愛らしいあどけない表情は常陽リビングを見るとわかりますよ~!^^

何よりも、一番感動したのは、ドーナッツと紅茶と、そして謝礼金をいただけたこと。。。

「えっ、そんな対応してもらえるんですか~~~~~!!!!」

とびっくりした覚えがあります。

だって、自分たちの下手でバラバラで、間違いまくりの踊りをして、そんなお金までもらえるんですか!?!?
って想いでしたね。

ただ、純粋に「自分たちの踊りでもこうやって感謝してくれる人がいるんだな。。その対価として、お金までくださる。
見ていたお客様だって笑顔で話してくれたし、「次はいつくるの?」って言ってくれた。
あぁ、目の前の人たちが感動してくれて、僕たちのことを見てくれている。
これって本当に幸せなことなんだな~、ありがたいことなんだなぁ~~~」とも思った。

踊り子として人に感動をプレゼントできたこと、そしてそこに依頼側が感謝の意を込めて接してくれたこと。

なんか、この演舞を境に、もっと人を楽しませる踊りってなんだろう!?って考えるようになりました。


それが斬桐舞の参加型演舞の始まりなのです。



ここまで書いていても、2年間分のホンの半年足らずの話です。


密度濃いな~。。。


初めてのYOSAKOI祭りである、常陸国YOSAKOI祭り!

有志が強行で訪問した札幌YOSAKOIソーラン祭り!

同時通訳レクチャーのさきがけとなった、生物学オリンピック「つくばナイト」!

南中ソーランの「構え!」で、どよめきを起こしたうつくしまYOSAKOIまつり!

ドナルド・マクドナルドと名刺交換!?鎌ヶ谷日本ハムファイターズ2軍の感謝祭演舞!

オリジナル曲ができちゃった筑波大学学園祭!

1年目で海外進出!?のびっくり仰天、フランス・パリ遠征!

ついにイベントも2回り目に突入~!100本のクリスマスツリー!

日本代表と同レベルに達した、国立競技場!

地域に踊りを普及振興したことが認められてゲットした、スポーツアワード!

大学生たちが多かった、はまよさ!

ぴちぴちの1年生が入学の4月新歓!

祭りでも会場を盛り上げた功績を讃えられ表彰された常陸国YOSAKOI祭り2010!

ついに念願かなったYOSAKOIソーラン祭りの斬桐舞という団体での出場!

なんども繰り返しコラボしているあまスタとの七夕演舞!

斬桐舞のメンバーも何人も加わり、祭りの運営の難しさを体験したかみす舞っちゃげ祭り!

YOSAKOI×ねぶたの異例の組み合わせで踊り狂ったまつりつくば!

感動の南中構え!から1年越し!南中ソーランの生みの親、大久保元稚内南中校長とのコラボが実現したうつくしまYOSAKOI2010!

そして、2回目の斬桐舞学園祭を終えての、10月15日。


君と歩いてきた、この2年間は本当に幸せでした。


こんなに多くの仲間、いえいえ家族を作ってくれたのは君がいたから。


我武者羅にやりたがりの僕の想いを叶えてくれた存在に感謝。


みんなが斬桐舞のこと好きって言ってくれるのは、感無量なんです。


冒頭でも書いたけど、この斬桐舞はたくさんの人に支えられ、助けられて生きています。


だからこそ、みんなが笑顔になって腹のそこから笑いながら、楽しく踊って生きたい。


辛いことももちろんあるだろうけど、でも、目の前だけを見つめないで。


怖いかもしれないけど、表面だけを見つめないで。


遠くのものを、、、そのものの裏側を、、、あらゆる角度から見てみることってすごく大事。


多様な人間の集まりは、多様な考えももちろんあるわけだし、統一することってすごい無意味。。。。


だけど、斬桐舞をもっと楽しい場所にしたい、居心地のいい場所にしたいって想いのベクトルが同じ方向に向かっていれば、それは大きな意味だと思う。




あぁ、いまは可愛い娘を嫁に出す気分・・・・




3年目の斬桐舞スタイルはどうなっていくのか・・・!?


初代舞長としてとても楽しみです。




では、最後に、、、



今までご支援くださいました皆様、各地で応援してくださっているメンバーの家族の皆様、斬桐舞が好きで演舞を見に来てくださっているお客様方、コラボでYOSAKOIソーランと絡めて新しいパフォーマンスを作ってくれている団体の皆様、そして何よりいつも一緒に笑顔いっぱいに踊って幸せな空間を築いてくれるキリキリファミリーのみんな、


本当にありがとうございました。


これからも斬桐舞は走り続けますので、どうぞよろしくお願い致します。


3年目の斬桐舞も楽しみにしていてください♪^0^


では、かなりの長文を最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。

そんなあなたに”お疲れ様でした”☆


しつれいいたします。


初代舞長
モリモリ

こと

守屋俊甫




注意!

舞長は引退しますが、まだ踊り子としてはいますので、ご安心を。
一応、お知らせしておきます。

初代舞長より~2歳を迎えての想い~
初めての演舞<100本のクリスマスツリー2008>


同じカテゴリー(誕生物語)の記事画像
連載“斬桐舞”誕生物語④
連載“斬桐舞”誕生物語③
連載“斬桐舞”誕生物語①
同じカテゴリー(誕生物語)の記事
 連載“斬桐舞”物語?予告編!? (2010-09-01 16:12)
 連載“斬桐舞”誕生物語⑤ (2010-08-02 21:51)
 連載“斬桐舞”誕生物語④ (2010-07-26 02:08)
 連載“斬桐舞”誕生物語③ (2010-07-19 13:38)
 連載“斬桐舞”誕生物語② (2010-07-17 00:04)
 連載“斬桐舞”誕生物語① (2010-07-14 11:46)
Posted by マイちゃん at 02:44│Comments(15)誕生物語

この記事へのコメント

あれから2年がたつんですね。あっという間。センターにきたときはまだできて2週間くらいだったんですね。

お疲れさまでした。
斬桐舞や守屋君のますますのご活躍をお祈りいたします。
Posted by たっちゃん at 2010年10月16日 03:01
あぁ、思い出されるわぁ(笑)
本当に、こんな素晴らしい団体になるとはね。私も感無量です。

語り出したらキリがないし、言葉に出来ないよ。あのダンス場練習も懐かしい。修論に疲れた私を癒してくれる存在だった。

守屋の成長と、変わらないところ
斬桐舞の成長と、変わらないところ

ちゃっかりしっかり見てきています。そしてこれからも見守っていくつもり☆

ー可愛い子には旅をさせよー

斬桐舞のこれからが、また楽しみです。

ひとまず、初代舞長、本当にご苦労様でした!
永遠に語り継がれる伝説の舞長となることでしょう!
そしてまだまだこの先の守屋自身の躍進にも期待しています!
Posted by みやぞにー at 2010年10月16日 03:50
斬桐舞に出会えて本当に幸せです。
筑波まできた甲斐がありました笑
支えてもらった分、これからしっかりと支えていけるよう頑張ります!
これからもよろしくお願いします!!
Posted by みっとん at 2010年10月16日 03:52
オレも斬桐舞に入れて本当に幸せです!
でも斬桐舞がこんなにも楽しいのは当たり前じゃなくて、メンバー一人一人の気持ちが高いからですね!楽しいモノ素晴らしいモノにしていこうっていう気持ちが常にあるからですね。斬新なことにチャレンジする向上心が常にあるからですね。そしてそんな気持ちが絶えないのは斬桐舞が本当に楽しいからで。。

気持ちでもってる斬桐舞だから気持ちがなくなったら斬桐舞もなくなってってしまうし斬桐舞の意味もなくなっちゃうんじゃないかと思うし。


感謝。そして本当に微力ながら斬桐舞を盛り上げる何かを探していこうと思います。自分を支えてくれる斬桐舞を守ることは自分を守ることと一緒です。


そんな斬桐舞の初代舞長の守屋さん、神ですね(笑)。お疲れ様でした。まだこれからもよろしくお願いします。


斬桐舞ヨッシー.
Posted by よっしー at 2010年10月16日 05:27
斬桐舞の皆さん、誕生日おめでとうございます!

あまスタが斬桐舞と出会ってから1年。

その間、数々の笑顔を共に生み出してこれたことを嬉しく思います。


初めてのコラボレーションは筑波大学学園祭松美池ステージでした。

「「せっかくのコラボレーションなんだからオリジナル曲を作りたいよね!」」

両リーダーの初顔合わせの場にも関わらず、その場で決定。

生まれた曲が「舞Dream」

この曲が生まれるきっかけになれて本当に嬉しいです!


いつ見ても斬桐舞は最高な団体です。

これからも斬桐舞らしさを大切にしつつ常に新しい斬桐舞でい続けてください。

モリモリ、これまでお疲れさまでした。
斬桐舞、モリモリ、ともにこれからのさらなる活躍をお祈りしています。
Posted by 赤川朗 at 2010年10月16日 06:06
斬桐舞の存在をしったとたんに、すぐさま守屋さんにメールを送って
愛しの平風呂帰りに、平共で練習している斬桐舞らしき人たちをみつけて、駆けていったのを覚えています。
「あ!南中がきこえる!」


そして初めての出会いから、次にあるのは演舞だけど・・・くる?と守屋さんに誘われて、
「いきます!いきます!あ、でも見てるだけで!!」って連れってってもらったら
「え、南中踊ったことあるの!?
 じゃあ一緒に踊っちゃいなよ!!」
っていきなり踊ったのは本当にいい思い出。笑←

今こうして斬桐舞の歴史をたどってみると、自分は案外初めの方から携わってきていて、
斬桐舞初参加のYOSAKOI祭り、常陸国でのあのキャンプ場とか笑
自分が入ってまもなかったころの、水戸の方での5人くらいの演舞で、南中のセンターを初めて踊らさせてもらったときのあの緊張はいつでも初心を思い出させてくれる。
生物学オリンピックでは、初MC!?にもかかわらず守屋さんの横で通訳させてもらったり
フランスにも
福島にも
札幌にも
いっぱい参加したなぁ。
光を見失いそうやった、私の大学生活に希望を灯してくれたのは、まぎれもなく斬桐舞です。

誕生日おめでとう!
守屋さん、本当に本当にありがとうございます。
あーー文章読んで泣いちゃいました!

ずっとみんなに愛される団体になっていきますように。
・・・じゃなくて私たちがしていくぞ!
Posted by もも at 2010年10月16日 10:19
わたしも、
しあわせです、とても!

斬桐舞の成長にまけないくらい
しおも成長していきます、
だから頼りにしてください!◎


おつかれさまでした、

そしてまた
新しいスタート!☆
Posted by しお at 2010年10月16日 21:14
ほんとにしあわせだね、斬桐舞。
こんなに思ってもらえるってなかなかですよね。


今年になって演舞や祭が二巡めにはいり

ああ、こんなにも楽しく踊りつづけれるんだなあって。
こんなにも支えてくれるひとがいるんだなあって。
こんなにも変わっていけるんだなあって。


これからも

ひとりひとりみんなが斬桐舞を
このみんなが大好きな斬桐舞を
創っていきましょう^^


おたんじょうびおめでとう~!!



>光を見失いそうやった、私の大学生活に希望を灯してくれたのは、まぎれもなく斬桐舞です

唯一の同期(!?)もものこのことば、
まさにそう、そのとおりすぎて涙が・・・
Posted by がり。 at 2010年10月16日 23:10
学生のみならず、社会人メンバーも皆、同じ気持ちで斬桐舞を愛しています。

学生メンバー、社会人メンバー、私たちを支えてくれる家族、ファン、すべての皆さん(私はそんな皆さんもきりきりファミリーと考えています。)、これからも『みんなのための、ユニバーサルソーラン』を、盛り上げていきましょう!!!

斬桐舞は永遠に不滅です!!!
Posted by みゆ at 2010年10月17日 00:57
守屋さん。2年間お疲れ様でした。

思えば2年前、自分自身をうまく表現できずにいた僕。
そんな中で参加した北海道民会。学園祭。南中ソーラン。

大学に入って初めて、これほどまでに熱中できるものをそこで見つけました。

あそこで、斬桐舞をつくって、本当によかった。
自分にとってかけがえのないものが、そこでできました。

初めは数人しかいなかった団体も、
今ではOBOG含めると100人に到達しそうな大所帯になり、
あの時最年少だった僕も今では最年長レベルになっちゃいました(笑)

凄いですね。


時には衝突することもあったけど、

守屋さん。

あなたと一緒に仕事ができて、本当によかった。



斬桐舞を、その太陽のような気質で引っ張っていった守屋さん。

今後は、自分自身の道を、照らしていってください。

その道は、きっと素晴らしい未来につながっているはずです。

2年間、本当にお疲れ様でした。
Posted by 佐々木啓太 at 2010年10月17日 02:30
注目を集めるのに
誰も悪口を言わない、愛される団体:斬桐舞。

それはやっぱり守屋くんの
深い深い人への愛情が団体の隅々にまで
浸透していたからだと思います。

それはメンバーに対してだったり
お客様に対してだったり
未だ見ぬ人、一歩踏み出すのにためらっている人
みんな、守屋くんの愛情でファンに
していったんだと思います。

守屋が斬桐舞をつくったことで
いろんな人が力をもらったと思います。
僕もいっぱい力をもらいました。
でも、自分自身が力をもらったんじゃないか
と思います。

そんな斬桐舞が今後も益々の発展をされること
守屋くん自身が、また次のステージで道をつくり
色んな人に希望を灯してくれることを
祈っています。

2年間お疲れ様。守屋くんがつくった斬桐舞は
僕にとって最高のアーティスト(表現者)でした。
Posted by 染谷悟 at 2010年10月17日 18:08
感動しました...。自分もこんな斬桐舞の部外者じゃないなんてすごいなぁ...haaaaaaaーoh!
Posted by きむ at 2010年10月18日 00:44
文章を読んでいたら、涙がでてきて困ってしまいました…ただいま仕事中なのです。

  守屋さんの熱い思い!!
  キリキリファミリーの熱い思い!!

皆…『斬桐舞』が大好き☆☆
    『守屋さん』が大好き…感謝・感謝です☆☆

  私も、少しでも役に立てることがあれば幸せです。

  そして、キリキリファミリーが幸せでありますように。
Posted by ぴぴ at 2010年10月18日 12:18
あらためて斬桐舞2周年、おめでとうございます。

当方南中ソーランを認知したのはたった半年前(汗)
正直斬桐舞の存在すら気にも留めなかったずらヨ×
演舞を観て「なかなか面白い集団だな」と想ったのが運のツキ?
“踊る楽しさ”を会得するべく日々励む次第でござる。

私情はともかくとしてw願わくは
斬桐舞、今後の隆盛のあらんことを。

「踊りはココロ」ですぞなもし。
Posted by ニタニタさん at 2010年10月19日 22:04
斬桐舞 永久に(とわに)続けと 我願う
斬桐舞 生誕2周年 おめでとう! 守屋君 初代舞長 卒業おめでとう!お疲れ様でした。 斬桐舞は 君の存在なくしては 語れない。
思えば 斬桐舞を 初めて守谷の夢彩都で見た時は、まだ少人数で、誰かの晒がほどけながらも アンパンマンの曲で踊っていましたね~ それから 結城で出会った時には、大人数になっていました。
え~あの斬桐舞? そして 初代舞長 守屋俊甫です。と挨拶した君は、まぶしかった。自信に満ち溢れていた。 一緒に踊った南中ソーラン楽しかったです。写真を見ると 私は最高の笑顔でした。 心の底から楽しかったと思う。
他のチームに入りながら受け入れてくれたことに感謝
斬桐舞に入って良かったでしょう。と言ってた君のいうとおり 有難う!
斬桐舞のみんなの笑顔はいい。その笑顔は人を幸せにしてくれる思いがある。踊りには、いかなる人をも 巻き込む力がある。最高のチームです。
ファミリーを 支える姿は 山のごとし
遠き守谷より
Posted by 姫野 清美 at 2010年10月20日 12:47

コメントフォーム

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。